クリスタル講座2022Ver. オンラインにて平日クラス・週末クラス開講いたします。クリスタルのことをより深く学びたい方のご参加をお待ちしております!

叡智の扉

こんにちは。

北の方から、冬の到来がちらほらと聞こえて来ていますね。
暮れの時間が早くなったのも実感します。

冬至まであとひと月を切って、年末へ。
そろそろもう、今年を総括する頃になって来ましたね。

キラキラだった昨日のサロン


光はどんどん強さを増して、闇を浮かび上がらせて。
私達はそんな内側の闇を癒し、認め、愛し、赦し、それは排除するべきものではないことを自分に伝えなおし、エマルジョンさせていく。


そんな試みがそこかしこで始まって行く時代であり、もうとっくに内なる自己の世界はその方向で進んでいるために、現実の事象はことごとくその動きを加速させるものであり、また気づかせようとして起こるものばかりに思われます。

個人も、家族も、企業も、組織も、国家も。

これまでの枠組み、セオリーが終焉する時代。

一人一人の生き方を自分で方向性を定め、生ききる時代。人間はそうしないとこの先の進化と魂の生末が危ういのでしょう。
そのためには誰もが、内なる自己の声からその奥へと、意識の世界からの思いに忠実に生きる人生を始める必要があって。

昨晩の満月を眺めながらの帰宅時にふと、私は内なる叡智を表現する存在であり続けたいと閃きました。

それはそのまま、ここ最近感じていた多くの外にある刺激や情報に覚える違和感への答えであり、ここ最近考えていたことの正体、なのかも知れません。

ハートの中心から湧き上がるエナジーと共に、私は内なる叡智を表現する者であり続けたい。

同じような業種、ヒーラー、セラピスト、霊能者、etc・・・ 名前はそれぞれにあってもなくても、その人が、自分が、内なる叡智からの声に従ってその仕事を行っているのか、はたまた人へ何かを伝えること、創造を行っているのかそうでないのか。

業種、名前、肩書、そこのカテゴライズに縛られず、私はそんな自らの内から発する声、思いによって動き、人生をクリエイトしている人が好きなんだなと。

Webで拾った情報や誰かから教えられた言葉じゃなくて、そこからインスピレーションを得ることは勿論あるけれど、それを自らの内で咀嚼して、自分の声と照らし合わせて、直観として得たエナジーによって自らのものとし、オリジナルを創造して発信しているのか、はたまた誰かの言葉をそのまま受け売りであたかも自分のもののようにして発信しているのか。

私はその辺り、凄く敏感に察知してしまうのです。

だから誰かの言葉、表現、メッセージに違和感を覚えたり、瞬間的に嫌だと反応してしまっていたんだなと理解したのでした。



ハートからの叡智。言葉にすると難しいものに思えてしまうけれど、そして叡智と言う言葉はもう使い古されたかのようにこの業界ではよく聞くけれど、その叡智とやらを本当に理解して人に伝えている人がどれだけいることか。

何だか私は、その辺りがおぼろげながら分かってしまったように思えてきました。

恐らく多くのヒーラーさんが、叡智という言葉を普通に使っています。
だってカードに書かれていたり、星や宇宙からのメッセージと称してネットで出回っていたりしますから。
でもその叡智とは本当は何か、一体どれだけの人が分かっているのでしょう。

その辺りが、昨夜の満月の光の下でふいに明るみに出たのでした。

満月の話を書きながら画像は光り輝く御苑(笑)

じゃあそれって何か?  叡智って何? そう思われますでしょうね。
でもそれは実は、他人に教えられることではないのです。

宇宙の叡智へと繋がるのは、私達自身のハートの中心。

そしてハートの扉を開くには、内なる自己の意識を見つめること。
能力とか、資格とか、肩書とか、そういったことは一切必要ありません。

ただ、そうですね。。。

それらに気づかせてくれる人との出会いや、起きる事象、その人との関係によって起こる摩擦の火がインスピレーションになってくれることはたくさんありますし、そう言った出会いもまた、潜在意識のお膳立てによるものなのでしょうね。

叡智の声は、内側からしかやって来ません。

そして意外と、そうだと分かっていなくても自然にその声に従って生きている人もいますね。
ヒーラーとかエネルギーとかスピリチュアリズムや見えない世界に興味がなくても。
私はそんな人も好きです。

有体に言えば自己信頼。

自らを信頼している人は、他者をも信頼します。

ハートの中心からのエナジーを生きる人は、他者の中にも同じくそれを見出すのですね。

本当の自由と自己信頼、そして愛を生きること。

私はそこを歩みたいし、ブレることは勿論あっても、いつでもそこに軸を戻せられるようにしていたい。

叡智は、貴方の内に存在します。

誰もの内に存在します。

そのアクセスキーをハートの中心に秘めて、私達は存在しています。

まだまだ私も言葉に出来ないものを感じていますが、
それは古めかしく堅苦しいものではない。とだけはお伝え出来るかなと思います。

菫香