リニューアルしたホームページをお楽しみください!

エネルギーワークと魂の旅

晩夏の暑さ、残暑が続きますね。
昨日も、暑かったー!!!!!

それでも夏は好きです。
スコーンと抜ける高く碧い空と、強い強いエネルギーのこの時節に一年分をチャージしているような気がします。

この強いエネルギーを受けて、私達は脱皮し変容して行く。

私もまた新たなフェーズでの変容の時期に入っています。

まだまだ朧気なので、追々と色々お伝え出来るようになって行くかなと言ったところですが。

自分が大きく変化するんだなぁと言う予感だけはあるけれど、それが現実的に感じられるようになって見えて来るのって、薄皮を一枚一枚剥いで行くような、徐々に徐々に、じんわりと、なんですよね。

朝起きたら一気にガラッと変わっているなんてことはない。

エネルギーの動きってそんなものです。

そしていつしか気がついたら、思ってもみなかった処へ辿り着いている。

アップ予定のセレスタイト

エネルギーワークという手法もそれと全く同じで。

セッションで触れて動いたエネルギーが現実へ波及し、意識の側面に変化が出て来て現実の見え方、捉え方が変わって行くことで起きる事象が変化して行ったり、関係性のアプローチに新たな視点が見つかったりするんだけど、もしかしたら、私はそこをちゃんと今までお伝え出来ていなかったかも。
もしかしたら、セッションを受けたから自分はすぐに変わるんだと思われてしまっていたかも。。。なんて、ちょっと反省しています。

セッション頼みでは何も変わらないです。

お金払っておいてそりゃないだろって言われそうですけど、やっぱりそうなんですよね。

セッションは、魔法じゃない。

気づきの種を得るためのもの。

そしてその種が、通常では届かないとても深い部分だったりするから、私はその方の代わりにそこへ潜っているだけで。

私の資質、特性的に、潜るのがちょっと得意なんでしょう。
だからモノゴトの要因や本質を、通常以上に深く潜って探ろうとするんだと思います。

とんでもなく深く遠い部分から波及しているエネルギーが、魂に色を付けているような、特性を帯びさせている。
そんな要因を見るのが好き、と言うか、ここからガッツリ手を入れたいと思ってしまう性質なんでしょうね。

家のお掃除をする時に似ています。

お掃除へのアプローチってその人が出るなぁと思うんですけど、私はきっちりと隅々まで、手が届かない裏の裏までしっかりとやりたいタイプ。

負の要因を残したくないんですよね。
そしてそこまでやった後の爽快感を味わいたい。

ただエネルギーワークのちょっと違う処は、一度では手が届かない裏のウラまで達しないこともあると言うこと。

何度も潜るうちに、到達できる深度が徐々に深くなって行くこともあれば、一度でビックリするくらい遠い記憶に辿り着くことも。

それはもう、その方と私との相性だったり信頼関係だったり、過去の関係性から波及するものだったり、クライアントの方の心の状態だったりと様々な要因によるもの。

だから、セッションはいつだってライブなのだ。

何が起きるか、何が飛び出すか分からない。

そしてその時々それぞれに、一番適したナビゲーションを模索するし、アプローチの方法を変えることもある。

ガイドやそのワークをサポートするエネルギー的存在の指示に従うこともあるし、そんなの待ってなくたってクライアントの方の魂が教えてくれることもある。

そしてそんな一連の行程全体をアンカリングしてくれるのがクリスタル達なのだ。

私達がなぜクリスタルに魅かれるのか。

それはきっと、その美しさだけではない、なにかもっと、とても深い部分からのイルミネーションをキャッチしているからじゃないかと思う。

私が思うに、クリスタル達の経て来た何万年という時間単位が鍵だ。

私達が身近に手に取れる地上の物質の中で最長の時間記録を保持しているのがクリスタル。

その長さ、悠久の時間の記憶が、魂のそれとリンクしやすいんだと思う。

魂の時間は永遠とも言われるほど果てしなく永い。

私は正確には永遠じゃないと思うけど、私達の時間単位から眺めてみたらそれはもう永遠と言って良いスパンなんだと言うことだろうと思っている。

そんな永い永い時間を地上で追随出来る物質が、クリスタル以外にあるだろうか???

その長さ、深さがあるが故に美しいクリスタル達を見て触れて、意識を通わせることで私達は自分の魂の時間に思いを馳せる。

私が意識の領域に深く潜る時も、一緒に潜ってくれたりアンカリングしてくれたりするのがクリスタルだ。

だから、共同作業と言っても良いのかもしれない。

人間の記憶、人類の経て来た歴史。

それらに触れると、あまりに人類の次元の低さと言うか、粗雑さ、乱暴さ、残酷さに打ちのめされそうになるけれど。

一方で人類が築いて来た、文化、芸術、歓び、人と人の営みの奥にある美しい結晶にも涙する。

人間であること、人間を生きることは、難しく楽しく美しいチャレンジだ。

クリスタルにサポートされつつ、私達は魂の旅を続けている。

そんなワケで、どこか深い部分に揺蕩う様な時間を過ごしています。
もう少ししたらセッション形態を一新することになるんじゃないかなぁと感じつつ、クリスタルとの時間を過ごしている日々です。

深く潜った先でキラリと光るカケラを拾って上がって来ようと思います。

ではでは、また。

橙香