リニューアルしたホームページをお楽しみください!

世界と自分の付き合い方について

こんにちは。

少し間が空いてしまいましたが、1月の慌ただしかったこと!
世間の騒がしさと自分のやること、どちらも何だか非日常的なレベルでしたね。
イラン情勢から始まってオーストラリアの森林火災、果てはコロナウィルスと、ひと月の間に世界は激しく動いていて。

私個人も、オーストラリアチャリティを閃いて我ながら何て良いアイデア!と張り切ってしまいましたが、改めてご賛同下さった皆様本当にありがとうございました。

Jasminaciaさんの作品を日本で紹介したいという私の思惑、そして彼女の作品が放つ癒しのエナジーが火災で枯渇した潤いを与えてくれるものだったこと、彼女自身のピュアな思いなどが相まって今回のチャリティ企画が成立したのだと思います。

今後も彼女の作品を私はご紹介して行きたいと思っていて、チャリティも続けられるようにしたいので、新しいポストカードが届いたらまたご紹介させていただきますね。

そしてモンドクォーツのフィーバーも凄かった(笑)
皆さんのご関心の高さと熱意とでも言いましょうか。

年が明けてからの数日は世間もまだまだ静かなので静謐なエナジーに浸れる時間で、帰省もしなかったので自宅で本当にのんびりと過ごしていたのですが、だからなのか今後の方向性みたいなものが感じられるひと時で、そこで見えたものがモンドをたくさんご紹介する流れに繋がって行きました。

それは、遙か上の高い領域に幾人もの白い人影が並んで地上にエナジ-を届けてくれているのですが、それを届ける役割を私が十分に果たせていない様子。
上から注がれ、私を通して届けなければならないエナジーがあるのに、私がボトルネックになってしまっているのです。

あー、これはダメだなぁ・・・と。

つまりは私の覚悟。責任を引き受ける覚悟が必要だったのですね。
モンドクォーツを多くの人へ、届けるべき処へ届けるというのもその一端。
その他にもお仕事全般を通して、やるべきことをやる。
何かこう、肝を据えてとか腹を据えてお仕事に取り組む。そんな覚悟ですね。

それもあって、またお問合せを数件いただいていたので、こんな時期外れな仕入れへ出向いたのでした。
ツーソン入り直前の仕入れ先の先生との日程も、この日しか空いていないという日にピッタリ合い、じっくり吟味して仕入れることが出来ました。

その後の経過はインスタなどにも揚げましたが、本当に行くべき人のところ届けられたなぁと思っています。モンドの強い光は各地に渡りグリッドを形成するそうですので、皆さんお一人お一人がその役割を担いますね。

モンド首脳会談

その間に初のウスイレイキセミナーテキストの推考と執筆、そして確定申告の段取り(笑)そして最後に大きなイベント、鏡作家愛さんのお話会が入っていて。


テキスト執筆は本当にプレッシャーでした。
でも機が熟しているのは重々感じ取っていたので、取り組むしかないという感じだったのですね。
私が師事させていただいた先生のテキストをずっと使って来ましたが、私自身の言葉で伝えたいことがテキスト外で溢れてしまっていたことや、私のところへウスイレイキをとお越し下さる方へ伝えたいことと先生のテキストとの微妙な差異などが気になっていたのです・・・

そして、いざテキストを書くために改めて様々な資料を当たって見ると、アメリカでシステマナイズされたウスイレイキの原型、基い臼井先生がどのような人物でどうこのレイキを伝えようとされたのかと言った基盤になる情報を、伝説やドラマチックなストーリーではない事実に近いものとして掘り下げることが出来たのがとても良かった。

イラストも含めて全て書き上げられた時には本当に安堵しました・・・。

言葉も拙いですし、まだまだ粗削りなのは自分で読んでいてもよく分かるのですが、ここから推敲を重ねて行く土台にはなったかなと。

そういう時間を過ごしていたので、ワイヤー製作やブログを書くという余力がなかったことをご察し下さい(笑)文章を綴るには時間もエネルギーも必要です。


何だかこの一か月を振り返ってみたいな文章になってしまっていますが・・・
書けなかったことを一気に吐き出しているみたいですね(笑)

そして愛さんのお話会も、とてもとても濃密な時間になりましたね。
皆様ご興味津々で、愛さんの鏡の世界を私も覗いてみたい! という熱意が凄かった。

愛さんはその方の魂が持つメタフィジカルな時空間を鏡として物質化する方。
私の鏡も久しぶりにお里帰りと言うか、親元へ帰省して愛さんが磨いて下さったのですが、「なんかさらに深く潜ってますねー!」 とのことでした。

恐竜が誕生するよりも遙かに古い時代、太古の地球の海。
そんな深みに私の鏡はいるのだそうで。

その後皆さんがいらっしゃってお話会が始まると、私は松果体にプラグが繋がれたり抜かれたり入れ替えられたり・・・何やらずっと後頭部のプラグ調整みたいなことが起きていて、司会進行をほぼほぼ美香子お姉さまに託すことになってしまったのでした・・・。

しかしながら、とてもとても豊かな時間だったなぁと。

愛さんのお話は豊かです。

彼女にしか見えない世界の一片を覗かせてもらった感じ。

その夜お布団の中で私はとても幸せでした。あまりに豊かな世界に触れると、自分の世界もなんて豊かなんだろうと感極まって泣けてしまいます。

そうやって自分の世界の豊かさに気が付くと、世界が、地球が、宇宙がその豊かさと平安に満ちた姿を取り戻せますようにと祈りが生まれて来るのですね。
祈りの中で私は寝落ちして、その夜は深く深く眠りました。

鏡と共に深いところへ潜っていたのかも知れません。


そんな一月を過ごして今思うこと。

2020年は大きな変化の年になることは間違いないのですが、そんな外界との付き合い方、距離の取り方と自分自身の在り方を決められるのもまた自分なのだろうと。

どんな事象がまた起きるか分かりませんが、自分の内を平和と豊かさと安らぎで満たすこともまた可能で。
外界との付き合い方、距離の取り方はコントロール出来ると思っておいた方が良いのではないかと。

そんな気分でちょっと撮ってみる。

さて、今日はこの後レイキセミナーですので、今日はこの辺で。
また続きを書きますね。

橙香