クリスタル講座2022Ver. オンラインにて平日クラス・週末クラス開講いたします。クリスタルのことをより深く学びたい方のご参加をお待ちしております!

魂の時代へ その3

ようやく梅雨明け! 今年は長かったですね・・・昨年が短かったからこれで中和されたのかしら。

毎日テンコモリで過ごしています(笑)
7月末までにやらなければならないことが目白押し・・・
決めなければならないことがどんどん出て来るのですが、どれも全て自分がどうしたいのかを基準に決めることだらけですので、こうした時はどう感じるか、こっちだと何がひっかかって何が嫌なのか、そんな些細なポイントを見逃さないようにしたいと思っています。

そういった小さな違和感を放置すると、やっぱりしっくり来ないことになるのですよね。
だから、とことん今の自分に寄り添った選択をしている気がします。

さて、選挙が終わって。

薄氷を踏むような結果が出たけれど、多くの人が感じている通り水面下のうねり、潮流が生まれているのを感じずにはいられない、無視できない動きがありましたね。

れいわ新選組の訴え、各人のスピーチの爽快だったこと!
彼らの訴えは確実に私達一般庶民の心に届いて、魂を揺さぶって目覚めさせる起爆剤になったと思います。

選挙をフェスにしたのが前回の三宅洋平さん。
若者の支持や関心を惹き付ける一定の効果があったと思いますが、お祭りは終わってしまえば解散してしまう。
大きな集まりで心地よくなるけど直ぐ醒める集団ヒステリーで終わらせない、
今回はその轍を踏まないぞと人々が感じているのではないでしょうか。
こうして一つ一つ、一段一段成長するのですね。

集団的ヒステリーで終わる祭りを越えてこの活動、方向が根付くためにはどうしたら良いのか、SNSでの活動の限界と、ここから先どう考え行動して行けば良いのか、などを知的に考える段階へと発展したのだと思いますし、政治という今までは自分の生活や人生とは全くかけ離れた世界だったものが一気に身近な自分の問題として、当事者意識が多くの人に根付いてきたのだと思います。

令和ルネッサンス。

そんな言葉がぴったりだなぁと思っています。

革命前夜的な星の配置だと仰ってる方がいらっしゃいましたが、まさに。
しかし革命が起こるには、その前にルネッサンスが勃興して然るべきです。

だって一般庶民に自立心、自我の目覚めがなければ革命なんて起こりっこありませんからね。
日本人の自我がようやく自立へと目覚め始める、その萌芽を見た気がするのです。

一般的に言うとルネッサンスとは文化芸術が花開いた時代という認識しかありませんが、その実と言うか、そんな芸術文化が発展したのであればその根底には人間の精神的成長があってこそで。
あれらの美しい絵画芸術はその結果であって、過去の人間の精神があの頃一体どのように変化して行ったのか、それに少し思いを巡らせると、中世の封建的宗教支配から次第に人々が自らで考え、思考し、尊厳を自らの内に見出すという過程を歩んだ最初の一歩だったのではないでしょうか。

だから、ルネッサンスなんです。
今の日本はようやくそこなんじゃないかなぁと思う次第。
日本の文化教養の話ではなくて、近代的自我意識という点でのお話だと思って下さいね。

日本の現教育では、自らが自らの存在とは何かを思考し哲学することの自由と大切さを教えてもらえません。
もちろん私達の時代もそうだった。
精神世界も然りで。

精神世界は日本人にとってはもともと身近なものだったから、ニューエイジ的スピリチュアリティがアメリカから輸入されて流行ることになりましたが、いかんせん自分で思考するというトレーニングを受けていないからどうしても情緒的な世界観の中でフワフワするだけで終わってしまうのですね。

いつも言っていますが現実社会も精神世界もやることは一緒なのですよね。
自らの頭で、知性で、感性で、霊感で、思考し哲学し、自分の足で立つこと。

哲学するって、古くて難しい学者先生の本を読むことじゃなくて、自らの思考体系を自らの内に構築していくことだと思うのです。そこに古くから言われる思想や先人の知恵が寄り添うものではないでしょうか。

その上に政治や憲法についての思考を積み重ねて行けたら、自らのものと出来るのかなと。

創造的スピリチュアリティも同じです。

参議院選グリッド

革命前夜。

政治を我が事として意識関心を向け、行動する人が増えることで世界が変わって行くし、人間の精神の発達進化になります。
それは近代の歴史を見れば明らかですし、山本太郎氏の顔つきがどんどん良くなっていくのを見ていても明らかです。

本当にいい目を、いい顔つきをしているなと思います。惚れますわー(笑)

だから、是非彼には頑張って欲しい・・・ではなくて。
共に思考し、自分が自分で考えてそれぞれの立場で行動しなければということなのです。

誰かに任せておけば誰かが適当にやってくれるという時代は終わらせなければなりません。
そんな日本人の集団的無責任のカタマリが今こうして国を動かしているのですから。

すべての人が関係者です。

時代を創るのは人間の精神ですし、ヌーソロジー的に言うと宇宙を創るのも人間の精神だそうです。
自分の宇宙は自分で創造するしかありませんからね。

人間ってタイヘンね…

ちょっと尻切れトンボになってしまいますが、この後長野へ行くので今日はこの辺で。

菫香