ケケとドラゴン  その1

こんにちは。毎日寒いですネ・・・

今年はとにかく、無理をしないように風邪をひかないように温かく過ごすことを最優先にしています(笑)
お仕事もゆったりモードですねぇ・・・

とは言え、先日は宮城県の女川からカルナレイキセミナーを受けに来て下さったH様へのセミナーを2日間かけて行いました。
とっても明るくてお元気なH様に私の方が元気をいただいたような時間でしたが、お伝え出来たことをこれからH様が女川の皆様へと伝え、役に立てていただけることでしょう。

カルナのエネルギーやテクニックは、潜在的な意識に潜む私たちの分離された人格を癒し統合することにとても効果的です。
だから現実が動いたり、意識の変遷がガサッと起こるのですね。

分離した自己の人格とは感情のエナジーそのもので、幼いころに形成されたり、はたまた遠い遠い過去の記憶が成せるものだったり。

私はセッションでしたらその辺りをビジュアルとして捉えてお伝えしながらワークをしますが、そうでなくてもカルナのエナジーを搭載していただければ、ビジョンにすることが苦手な方でもご自分でご自分を癒せます。

その辺りをもっとお伝えして行かなくてはと思ったセミナーでした。

H様、これからのご活躍を楽しみにしておりますね。ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そして。
今回の記事、こんなタイトルになったのは、何やらファンタジックなお話を今日はお伝えしたくて。
上述したカルナで出来ることにもつながりますが、私の過去の記憶からのお話です。
以前アメブロの古い記事に載せていたことがあった、シリウス時代のドラゴンとの記憶から。

覚えていて下さっている方もいらっしゃるかな。
私には銀河大戦時代、オリオン大戦と呼ばれた古い古い銀河宇宙の記憶があります。
落ちこぼれドラゴンライダーの少年です。

その頃のシリウスは、イメージとしてはもう正に、映画スターウォーズのジェダイの世界です。
スターウォーズを観ていると端々に神智学的エッセンスを感じますし、神智学の教えはシリウスのものですし、あの世界観そのものがシリウス文明が齎していると思っています。

そんなシリウスで落ちこぼれだった私。

お兄さんはとても立派なチームリーダーだったのに、弟の私は無計画で無鉄砲な、思慮深さが全くないタイプでした。

でもとても優しかったのでしょう。彼は敵方の惑星が捉えた捕虜船に忍び込んで、生け捕りにされていたドラゴンから卵を預かり大切に大切に孵化させた赤ちゃんドラゴンを自分で育て、いつしかそのドラゴンの背に乗って戦いへと赴くドラゴンライダーになっていました。

しかしその無鉄砲さは収まらず、また兄に対する強いコンプレックスは彼を何度も危ない目に遭わせます。
そのたびにお兄さんに叱られて、ふくれっ面をしていたのでした。

彼は、ドラゴンだけが唯一の親友でした。
宇宙ドラゴンと言うのは愛のカタマリのような存在で、無条件に奉仕的な愛を注いでくれるのですね。
彼は自分が孵化させ育てたドラゴンが大好きだったし、ドラゴンもまた彼が大好きでした。

なのに、またしても。
彼は無茶な奇襲攻撃を仕掛け、自分の大切なドラゴンに大けがを負わせてしまいます。
瀕死のドラゴンを前に、次第に動かなくなって行くドラゴンを前にした彼の後悔と罪悪感、悲しみ、怒り、そんな負の感情が全てごっちゃになったエネルギーに呑み込まれる少年。

彼はあんなに大切にしていた愛するドラゴンを、自分の判断ミスで死なせてしまったのでした。

そしてお兄さんにまたもや叱責されて、チーム内での居場所も失います。

ダークサイドに堕ちるとはまさにこのことでしょう。
その後お兄さんと剣を交えることになり、彼はお兄さんを倒してしまいます。

周りのグループメンバーからの白い目に耐えられずに飛び出してあてもなくフラフラと銀河を彷徨ううちに、彼の意識は敵方が捉えて改造された真っ黒くて目だけが赤い多頭ドラゴンに呑み込まれて行きました。

そんな、銀河の暗黒時代の記憶です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私がそんな記憶を再現させたのは2011年の終わり頃だったでしょうか。
様々に過去の記憶を思い出して癒し、統合するという過程を歩んでいた頃でした。

あまりに自分の人生や人との関りが上手くいかなかった私は、一体自分の何が今の人生に影響を及ぼしているのか、古い古い記憶がどれだけ自分の行動や思考パターンに沁みついているのか、そんなことに気が付き、意識のシフトが進むのが本当に新鮮に感じられたものです。

出会う人も劇的に変わりましたし、その出会いの一つ一つがかけがえのない銀河の計らいだと思えるようにもなりました。苦しみや後悔、罪悪感や怒りに囚われていた私というスピリットを開放してくれる過程とそのための出会いを、銀河が与えてくれているのだと。

そんな自分のシフトと開放の経験からサロンを営むようになり、生き方も起こる事象に対する視点、意識の在り方も随分と変遷を遂げました。

花小金井の自宅で始めたサロンには、今ではよくあんな遠いところまでと思うのですが、本当にいろんな方にお越しいただきましたね。
猫を飼いたくて見つけた物件だったので皆さんに驚かれたり楽しんでいただけたり。

雄雌のきょうだいニャンズと共に暮らす時間が始まったのと、私が会社を辞めて行き方を変えようと思ったのと、自宅でサロンを始めることになると言う流れは、ほんの2年ほどの間に起こって行った出来事でした。

特に雄のケケは人懐っこくて甘えん坊で、お客様の誰にでも平気で接していましたね。
セッション中にお客様の上に乗ってきたり、一緒に癒しを提供してくれているとしか思えない行動を取ったりしていました。

お客様にも随分と可愛がってもらって、アイドルケケでしたね。

私もいつしかケケとの絆に、ペットと飼い主と言う枠を超えた何かを感じるようになっていました。
息子、子供のようでもありますが、何かもっと深い魂の絆のような・・・

ただそれを取り立てて気にしていたワケでもありません。
そしてもう一匹の三毛猫、メスのミィミからはもっと軽く純粋なピュアな波動、まるで天使のような、初めて人間界を経験しに来たかのような魂を感じていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前置きが長くなりましたが、今の私がご縁をいただいている方の多くがこうした意識の変遷を経てから出会った方々です。

その中のお一人に、M様というお姉さまがいらっしゃいます。
私が変容の旅をスタートした当初から存じ上げている方でしたが、仲良くさせてもらうようになったのはここ1,2年でしょうか。
私が御苑にサロンを移した頃、彼女もまた大きく転機を迎えた頃で、自分の魂のお仕事をする者同士と言う感じでお会いすると話が弾むようになって行ったのですね。

Mお姉さまが始めたのが、エジプトの香油を使ったオーガニックボディクリームの開発です。
エジプトの香油という深く過去の記憶を揺り起こしたり意識のシフトを促す香りのエネルギーをとても使いやすく日常に取り込めるようなクリームにしてくれて、私もお世話になることが
徐々に増えて来ているものです。

ご祈祷済みのホワイトムスクのボディクリームとか、ボディケアとオーラケアが一緒に出来てしまうのですから、エネルギーワーカーやヒーラーにとって何とも有難いのです。

しかもこの無添加オーガニックのボディクリームそのものが、世界初なのだそう。
さすがやることが違うわぁと思っているのですが、その彼女が昨年末に新しく発売したのがホワイトローズのボディクリームでした。

ホワイトローズ。

名前を聞くだけでも何やら気持ちがソワソワとしてしまいます。
一体どんな香りなのかしら・・・しかも美容健康のためのご祈祷済みです!

発売時、Mお姉さまがこんなことを綴っていました。

”傷ついたことさえ、気づかずにいつの間にやら蓋をしていたこと。
無理に思い出さなくてもいいあの時の痛みと、共鳴や同化せずに手放せる。
そんなのが、ホワイトローズ効果なのかなぁと。”

私は彼女の文章が好きなのですが、このホワイトローズの件りに反応しました。

特に何が・・・とあったワケではないし、上述したように数年にわたって過去の記憶というものと向き合いそれを生業にしているワケで、これ以上何が出るんだよ(笑)と自分でツッコミを入れても良いくらいだったのですが、私はホワイトローズのクリームを購入させてもらいました。

届いたのは12月の、クリスマス前だったでしょうか。
早速夜のボディケアに使います。
ホワイトローズはとってもグリーンフレッシュノートで、ダマスクローズの濃くむせ返るような香りとは全く違って軽やかな瑞々しい香りが使いやすくてすぐに気に入ります。

感情のクリアリングだから、オーラのクリアリングにもなるねぇ・・・

そんなことを思いながらベッドへ入ったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なんか、あまりに長くなりましたので分けます(笑)
ホワイトローズ効果、どうぞお楽しみに♡

もうすでにMお姉さまのクリームが気になった方はどうぞこちらをご覧ください。
エジプト最高級香油を使用したオーガニックシアバターのボディクリームです。
ソルトスクラブもありますヨ♡

http://www.pantala.jp/

 

 

菫香