概念を越えて ~只見の精霊たち その2~

野生や自然界と言うものは時折、次元の扉を開いてくれることがあるものなのだと思います。
それはこちらがその土地の放つ周波数とでも言うものにチューニングが出来た時に起きることで、その予兆として自然界の現象が顕れてくれるのかも知れません。

今回はそんな予兆だったのか、とても素晴らしいことに、野生の日本カモシカを見ることが出来ました!

移動の車中でふと話題になり、私は  ” カモシカ見たいー♡ ”  なんてふざけたことを言っていたのですが、それが本当に叶ってしまって大興奮でした。
一瞬のことだったので写真なども撮れずでしたが、ジャブジャブと沢を渡って山へと駆け上って行きました。

 

IMG_7450

翌朝は只見の三石神社へ連れて行っていただきます。
ここは以前、Annaさんの作られたブレスレットがとても素敵だなぁと思い購入させてもらったところ、この神社の磐座のエネルギーを繋いで作られたと伺っていたので、今回是非ご挨拶に行きたいなと思っていた場所であり、Annaさんもまた私のツアーなら是非ここをと考えて下さっていたところでした。

IMG_7448

もののけの森へと、ふたたび・・・

IMG_7452

美しさ、かわいらしさとは、全て自然をお手本にすれば良いだけのこと。

IMG_7457

ここは三つの磐座それぞれがご神体でした。

IMG_7461

IMG_7464

何とも言葉にならない荘厳な雰囲気でしたし、それぞれに古くから修行の場として使われていたのだろうという気配も感じます。
思考の具現化、想念の物質化などと言ったエネルギーと意識をコントロールするための修行の場、イニシエーションの場が、時代が下るにつれて願望成就の祈願の場所へと変わって来たのでしょう。

何を、どう祈るかは、その人それぞれの意識の周波数次第。

IMG_7462

自然はそれすら、そのままじっと受け止める。

私達は自然に分け入らせてもらうことで、思考や想念、概念の色眼鏡を外すことが出来ます。
都会では、そんな人間の意識が張り巡らすネットワークにがんじがらめになってしまうのですが、そういった意識のネットワークが自らの思考、マインドに及ぼす影響ときたらハンパありません。

そうしていつの間にか、自らを見失ってしまうのです。
そして自分の本心、意識の深層部に閉ざされたままの自らの思い、欠乏、焦燥、哀しみ、口惜しさ、不安、恐怖、それらをマインドでごまかしながら生きて行くのです。

IMG_7515

自然はそんな私達をジャッジせずに全て受け止めることで日ごろの概念まみれのマインドを解き放ってくれますが、只見のようにそんな自然界の懐の深さに触れられる場所も次第に減って来ているように思います。

IMG_7476

三石神社から降りて来ると、隣に見えていたもう一つの神社へ行ってみることにします。
田んぼの畔道を、トンボやチョウチョ、草花を眺めながら。

IMG_7517

こちらは瀧神社、そして御祀神が何と瀬織津姫。
水田用の用水路が整備されたことで水の神様が祀られたのでしょうけど、それが瀬織津姫とはいかにも東北らしいですね。

そしてこの神社の裏手が凄かった。
ただならぬ気配が降りて来る岩場で、Annaさんと二人で立ち尽くしてしまいます。
IMG_7519

 

私はこの降りて来る何かの意識に畏怖の念を感じながら、目を閉じて問いかけていました。
今回この土地に来させてもらったことで受け取るべきもの、成すべきこと、伝えるべきことをちゃんと達成できたのでしょうかと。

しばらくして閉じていた目を開くと、パッと付近が明るくなって。
どうやらOKサインをいただけたと理解します。

それでも目が離せずに立ち尽くしていると、サヤサヤと栗の木立が揺れ始めました。
何だかとても、意図的なものを感じます。
小さな木立の後ろは二本の大きな杉の樹がまるでゲートのように立っていて、その間の空間が歪んだ気がしました。

ああ、時空の扉が開く・・・

岩山全体が次第に別次元の様相を見せて行きます。

ここに入って行ったら出てこられないだろう・・・そう思わせられるような、もののけの空間。自然が時折垣間見せてくれる別次元の異空間が広がっているのが分かります。

Annaさんと一緒に少しだけ岩場に近づくと、もうここから先は空気の分厚いベールに覆われているねと言う感覚がハッキリと分かるのでした。

” 行きたい方はどうぞ。もののけに会えるかもですよ(笑)” なんてご参加者の方に冗談を言っているうちに、サッとその気配が消え去って、その場全体がいつもの時空間へと戻って行きました。

 

IMG_7473

どうやらあの岩場はその前に訪れた三石神社の磐座と繋がり、またこの地域一帯の山々に伸びた鉱脈から、Annaさんが神が住まう山と仰る朝日岳へと続いているのだろうと思われました。

今回は曇っていてそのお姿を拝見することは叶わなかった霊山が、この土地のさらに奥にはあるのだそう。
まぁ、いきなり訪れた余所者ですから無理もありません。
きっとそのような場所は、何度も訪れて自然への敬意を顕すことで次第に周波数が合って行き、その姿を顕してくれるのかも知れません。

自然の大いなる意志とは、そういうものなのだろうと思わせてくれた時間と空間での体験でした。

IMG_7486

帰りの会津田島の駅にて。

Annaさん、修さん、ご参加下さった皆様、とても貴重な体験と濃い時間をご一緒出来たことに感謝です。
ありがとうございました。

IMG_7533

持ち帰った石たちは、会津のあけびの蔓籠でお寛ぎいただいて。

そして帰って来てから気が付いたのですが、写真手前の大きめな石がどうやらペトリファイドウッドじゃないかと言うことが判明!

なんか、樹っぽいなぁ・・・としばらく眺めていてようやくハッと気が付いたんですけど、気づくの遅いです(笑)
それだけ原石って見慣れていないってことなんですよね・・・

会津の石たちは多様多彩で、自然の持つ力、人間の思考、想念、概念を外すパワーをしっかりと蓄えています。
自然が身近にない都会に住まう人にとっては石は自然のエナジー、パワーの供給源となり、本来の自己の在り方を思い出す手助けをしてくれるパートナーです。

只見の精霊にいつでも見られていることを忘れずに、人の在り方、自分の在り方を意識していたいものですね。

そして人間がいつの日か再び、鉱脈の精霊達と意識を繋ぎ直し、新たな関係性を築く時が訪れますよう。

IMG_7531

ありがとうございました。

 

菫香

 

 

概念を越えて ~只見の精霊たち~

この週末は、Annaさんと行く南会津鉱脈ツアーを催行して参りました。
ご参加の皆様、Annaさん、修さん、ありがとうございました。

IMG_7402

南会津入りして先ずお昼のお蕎麦をいただいた古民家の窓より

 

南会津は只見町という場所、何とも不思議な土地でした。
新潟との県境で高い峰に囲まれた深い深い、自然の精霊やもののけがそのまま潜むような、人間と、土地と、霊たちが共に生活を営む世界でした。

IMG_7394

只見町は、福島県南会津郡にある町。 日本有数の豪雪地帯。また、町域を流れる只見川には複数のダムがあり水力発電の基地となっている。秘境ともいえる日本の原風景を残しており「自然首都」をキャッチフレーズにしている。ウィキペディア

 

帰って来てから調べたらウィキにこんな文章がありましたが、本当に手付かずの自然が残る場所でしたね。

私の実家も随分と田舎ですがもうコンビニやらなにやら乱立してしまっていて、こういう秘境感はどこの田舎でも次第に薄れて行っているんじゃないかと思うのですが、只見や南会津町はそういったことがなくて。

 

IMG_7416

先ずは恵みの森の渓流で川遊び。素晴らしい一枚磐の渓流です。

IMG_7408

渓流を楽しむ場所のハズが、次第にすでに石拾いモードになって行きます。
瑪瑙や石英が、顔をのぞかせているのですね。

IMG_7425

磐の筋目に沿って見える白い筋は、石英の鉱脈。

IMG_7424

赤い筋目はジャスパーの鉱脈。

IMG_7441

グリーンの川底は緑色凝灰岩だと教えていただきました。
グリーンタフと言うらしく、東北の日本海側やフォサマグナ近辺で見られるそう。綺麗で目を惹きました。

IMG_7428

自然の摂理の美しさ。

IMG_7427

長靴でジャブジャブと上流へ歩きました。

その先で何と私、石英の大きく透明な結晶を発見しました!  ほぼ水晶と言って良いでしょう。  自分で見つけた石って宝物ですね。

IMG_7433

一つの大きな岩山を、水の流れが削って行く様子が良く分かります。

自然の中にただただたたずむ私達の存在の小さなこと。
周囲をグルリと精霊達に囲まれて、何をしているのかをじっと見られているような時間でもありました。

 

IMG_7423

もののけの森そのもののような世界。

Annaさん、ツアーの始まりに、” 自然はそんなに人間のことが好きじゃないから、自然の中に入っていくときは敬意をもって入るようにしている”  とコメントしていて、この森での川遊びは本当にそれを実感するような時間で、森を出るときには石を持ち帰ることへの感謝も伝えます。

そして少し下って、伊南川の河原で今度はジャスパーとカルセドニーを採取です。

IMG_7444

とても面白い場所でした。この河原の石たちはとても多種多彩で、ガイドして下さったAnnaさんのパートナーさんは何とここでペトリファイドウッドを見つけます!

私達は先ず目が慣れていないので、赤くツヤツヤした石を目安にジャスパーを探し始めましたが、慣れてくるともう皆さんバシバシと見つけていらっしゃいましたね。
楽しくて一日中でもいられそうな、大人の宝探し。
石英や瑪瑙質の結晶、そして透明なカルセドニーなども見つかりました。
夜は、持ち帰った石の品評会。そして鉱脈へとナビゲートする瞑想ワークを行います。
掘り起こしてきたばかりのジャスパーたちとの瞑想でしたが、これはちょっと苦戦気味でしたね。
まだ目覚めていない・・・と言うのか、意識のネットワークが繋がっていない感がありました。
鉱物の意識とのコネクションは、ゆっくり時間をかけて構築するべきなのかも知れません。

 

IMG_7410

そしてもう一つ興味深かったのが、昼間ご参加の方が山椒魚の燻製を道の駅で見つけてご購入なさっていて、珍しいし面白いしで皆で大盛り上がりしたのですが、その山椒魚らしき精霊が夜中ずっとこちらを見ている様子が伝わって来たのですね。

サンショウウオ単体の霊とか言うものではなくって、たくさんの精霊がワラワラと周りを取り囲む中に、そんな精霊の集合意識の長のような存在として見えた姿と言った方が良いかも知れません。

私達はつい、そんな存在がこちらを見ていると聞くと、怒っているんじゃないかとか、自分たちと同じ土俵で感情を持って何かを訴えようとしているように捉えがちなのですが、私がこの夜感じていたものは少なくともそんなものではありませんでした。

彼らはただただ、じっとこちらを見ているのでした。
そこには私達のような感情はなくて、ただただ人間の様子を見ていると言った感じです。
それは私たちの概念を越えた意識の世界でした。

 

IMG_7415
自然とは、ただただ存在するもの。
そこにはジャッジも良い悪いもなくて、意味づけをしているのは人間のマインドに過ぎません。
そして私達はそんなマインドを超越した自然の意識とのコネクションを失い、自然とは人間が克服し制圧できるものと考えていますが、一体どちらの領域、了見の方が狭量なのか。

鉱脈へと繋がる瞑想でも苦戦はしたものの、ジャスパーの精霊達も繋がり、コネクションを特に訴えて来ていましたし、地球に縦横無尽に広がる鉱脈のネットワークが繋がる意識の世界を人間が理解しないのは本当に残念なことで、切り離された分離意識のままの人間を見つめる精霊達にはどう映っているのだろうかと思います。

 

長くなりますので翌日のお話はまた次回。

 

菫香

 

 

 

 

 

 

 

 

目覚めと微睡の合間に

関西の台風被害に続く北海道の大地震。

今年の災害の大きさは今までのスケールを優に超えるものとなってしまいましたね。

昨夜は日本列島全体の龍体へ祈りとヒーリングを送りましたが、ゲッソリ疲れました・・・。

多くの方へお見舞いと祈りを向けるとともに、誰もが、穏やかに安らかに過ごせる平和な日々を願っているはずです。

そのためにも、先ず自らの内側を平和にしましょうね。

そして親しい人々、周りの人々の平和と幸せを祈りましょう。

IMG_7324

多くの人の心に安らぎと平安が訪れますよう。

 

未だ、人間の霊性は目覚めの過程を歩む者とそうではない者とが大きく乖離しています。

意識と意志とは魂の衝動であり、スピリットは永遠に次元、時代を越えて存在する者であるということ。
この地上で生きとし生ける者すべてに意識が宿り、草花や樹々、動物、鉱物全てが一体となってこの惑星意識を稼働させているということ。
宇宙と惑星たちも一体となりハーモニーを奏で、生命を謳歌する時空間を創成しているということ。

そう言ったことを知り、気づき、理解し、その意識でここ地球を生きる者と、物質デジタルの世界に霊魂を閉じ込めてしまう者と、物質界がこの世の全てだと考え、カルマも霊の存在も理解しない人々は争いや虐殺、動植物への虐待、果ては地球への虐待をこの先も行って行くのでしょう。

自らと目の前の他者や自分以外の生命に、自らを見出せない分離意識の世界の中で、スマホやゲームの中のデジタル領域に霊魂を閉じ込めてしまう人が出て来るのではないかと危惧しています。

どんなに自然が警鐘を発しても、それが人工的であろうとなかろうと、気づかない人には気づかない。自分事として受け止められない人にとってはデジタルの世界の他人事のままになってしまうのではないかと。

 

自然界の猛威はこれからも続くでしょうし拡大する一方でしょう。それはクリスタル講座でもお伝えしています。
そんな時代に私達はどう生きるのか、答えも正解もすぐに分かることではないし、正解は私達が皆で創り出していかなければならない。
そのためにも、意識の連続性や目の前の存在に自らを見い出す視点を思い出して行かなければならないと切に感じます。

争乱も破壊も虐待も災害も、地球での歩み方も、意識の視点を変えることで変化する。
まさかそんな??  と大多数が思っているうちは出来ないのですが、そうなれるのはまだ先のことでしょうか・・・

 

IMG_7265

祈りの輪が広がりますよう。

そして、微睡の中にいる人々の魂が自らの意思を見出せますよう。

誰もが、地球が愛と創造のステージへと次元を上げて行く一員として、

自らの在り方を果たせますよう。

 

菫香

 

 

 

 

多次元的・愛の種

9月突入。

暑さがようやく去ったのかな。長い長い夏は台風が奪い去って行くのですね。

天中殺みたいな夏だったなと思います。

天中殺と表現するのは、上にも下にもタガが外れてどこまででも飛び上がれり堕ちたりできる時間、マジックアワーのような夏だったと思うから。

夏の異常な強いエネルギーに、気持ちもどこまでも高く飛び上がったような時間で、「菫香さん、よく遊び、よく仕事しましたね(笑)」 と、おやき屋さんのリョーコさんに言われました(笑)

はい、そうでしたネ・・・。

 

IMG_7304

夏の最後のイベントは、Kibokoさんで行われた桃パーティーでした。

https://kiboko.owst.jp/

飛騨高山の高濃度な桃をふんだんに使った桃づくしのディナーコースを味わう夜で、桃の波動にクラウンチャクラがパッカーンとなってしまって驚きました。

あれからフルーツを見直して、もっとフルーツを取り入れることにしています。

IMG_7302

フルーツカッティングはフルーティストのきよみさんによるもの。カッティングで味も触感も変わるそうで、流石なセンスでしたー。

https://www.facebook.com/fruit.stadium/

 

お盆が明けてから怒涛のセッションデー。個人セッションに始まり算命学コラボセッション、ワイヤー作品製作、ショップの発送などで怒涛の日々ですが、これだけ濃縮された時間を過ごしているからか、私の意識はなんだか多次元的と言うか多層的にどんどん拡大しています。

たくさんの方のエネルギー的な側面に触れて魂の記憶にアクセスしていると、もう地球次元なんてあっという間に飛び越えてしまうので、どんどんレイヤーが拡大するんですな。

例えて言えば、多面立方体のような意識ですね。

何か現実的に起きたこと、事象を、3次元の視点で見ると良い・悪い、合ってる、間違ってるで判断するのですが、それが多次元的になると様々な観点から物事を見ることになります。

思考もですし、レイヤー層も様々な層から事象を見つめることになる。

昨夜寝付けないで意識のそんな拡大する様子を眺めていたら、ふと入って来た理解がありました。

ハートのゼロポイントと言う言葉。

これは辻麻里子さんの著書、”22を越えてゆけ” にあったものですが、こうした多次元意識を行き来するために必要なのが、ハートがゼロポイントに固定されていることのようでした。

あ、私も確かに、ハートを軸に多次元を移動しているな・・・と、おフトンの中で思ったのですね。

 

IMG_7303

今日はフルーツの波動でお届けすることにします。

 

先週くらいから久しぶりに、必要を感じたお客様に誘導瞑想を行っています。

インナーチャイルドとの邂逅、自らの男性性女性性のバランシング、パートナーシップと過去世の関係性、など、対峙しなければならないけれど、どうしたら良いか分からず行き詰っていらっしゃるご様子の場合に取り入れているのですが、以前だったら誘導だけにフォーカスしていたものが、もうそこに私自身が意識を留めておけないので、誘導しつつ、ヴィジョンを共有しつつ、カルナやセイキムレイキのシンボルを繰り出しつつ、別次元で解消すべきエネルギーワークを行いつつと言った、多層的なマルチワークになっています。

そうして見えてくる愛って、本当に多層的、多次元的です。だからハートをゼロポイントに固定していないと混乱してしまうのでしょうね。

分離、混乱は、魂のレベルでも起きているので、それらを統合して行く作業も多次元の愛に触れて行く、移行するためには必要だなとも感じます。

じゃないと精神を病むか、意識が乖離したまま現実を歩むことになってしまうのでしょう。

 

IMG_7307

次元を越えるって、やっぱり愛なんだなと思います。

勿論今のままで良いのであればそんなこと考える必要もないのだけれど、何かより大きな多層的な世界を理解したい、知りたい、体験したい、そして自分というものの多様性と次元を超越した自身の意識と統合したいと思ったら、自身の内に蒔かれた愛の種を発芽させましょう。

その愛の種が発芽し、育って行けば、いずれきっとこの言葉の意味が分かるはず。

 

天にいます私たちの父よ。

御名があがめられますように。

御国が来ますように。

みこころが天で行われるように地でも行われますように。

 

聖書のこの言葉、私の現時点での理解は、私を通じて大いなる意志、霊の意志が成されることを祈るものです。

自らの愛による自発的な行為、言葉、思い、祈りが、大いなる意志、創造主の意識、ハイアーセルフの意識によるものに沿うものであり、自らが大いなるエナジー、光を体現する柱であれるように祈るものです。

エゴは消滅しないまでも、大いなる意志に沿うものになり、より多次元的、多層的な意識へと開いて行く。

IMG_7319

私はそんな在り方が好きですが、皆さんはどうですか?

是非自らの愛の種、探してみて下さいね。

 

菫香